11月
04

ADRB3 (β-3アドレナリン受容体)

※※

検査でわかる遺伝子変異。 体質やダイエットの対策は?

効果的なダイエットは何でしょう?

ここでいう効果的なダイエットや体質は、あくまで傾向です。

複数の遺伝子に変異のある複合型もあります。

食生活習慣や普段の行動によっても違いが出ますので、正確に知りたいという方はHymena’sDNA Dietへどうぞ♪

※※

この遺伝子変異を持つ方は、ひとことでいうと糖質の代謝が苦手な傾向があります。

遺伝子自体の働きは以前書いた通りなのですが、糖質をエネルギーに変換する信号を受け取る、アドレナリンの受容体に変異があるため、糖質が内臓脂肪として蓄積されやすい傾向があります。

そのため、お腹がぽっこり出る「リンゴ型肥満」になりやすい傾向があります。

俗に言う「ビール腹」ってやつですね。

糖質の代謝が苦手な割に、糖質の多いもの、甘いものを好む方が多くいらっしゃいます。

ごはんや麺類を大盛りにしないと気がすまない方が多い傾向もあります。

※※

そのため、またお腹ぽっこりの素が増えてしまう・・・・

という悪循環に陥っている場合も。

※※

1日あたり、約200kcalの代謝障害があるため、「あまり食べていないのに、太っちゃうの」なんて仰るお客様もいらっしゃいます。

でも実は・・・・ ダイエットすると一番結果が出やすいのはこのタイプの方なのです!

目標までの継続力と、リバウンド防止がカギになります。

※※

自己流ダイエットで目立ったのが、「そうめんダイエット」「お菓子ダイエット」「フルーツだけダイエット」でした。

そうめんはあっさりしてヘルシーだし、フルーツも野菜みたいなものだし、お菓子もちょこっとしか食べてないから・・・・

なんてお言葉を頂きますが・・・・

※※

実は、そうめん・・・・一束 約400kcal 約ごはん2杯分あります。

つるつるっと喉もとすぎてしまって、たっぷり食べては、なかなかダイエットにはなりません。

※※

フルーツダイエット・・・ 確かに他の食事を摂るよりも、エネルギーも低くビタミンも酵素もしっかり摂れるフルーツですが、食事をフルーツだけにしてしまうのはちょっと問題です。

お菓子・・・・ 主に糖質と油しか補えません。

実は、糖質+油のみの食品の方が、同じカロリーでも体脂肪として蓄積されやすいそうです。

この3つのダイエットに共通している問題点が、「糖質」ばかりしか補えないということ。

体をつくる「たんぱく質」「脂質」が補いきれず、免疫や筋肉の新陳代謝が上手くいかなくて病気になりやすかったり、一時体重が落ちてもすぐに体重が始める前よりも増えてしまう「リバウンド」を起しやすくなります。

※※

お勧めのダイエット法としては(一例)・・・・・

・食事を抜かないこと

・お菓子や菓子パンを食事のかわりにしないこと

・生でもOKなので、「野菜」を1食に1~2品入れること

・丼物・ラーメン・パスタなど単品料理よりは定食形式の食事にすること

・コーヒー牛乳や缶コーヒー、紙パックジュース → ウーロン茶もしくはお茶 に変更

・運動は、有酸素がおすすめ。

・お風呂のシャワーで肩甲骨あたりを刺激

※※

これだけ見てしまうと「当たり前」なことのようにも思えますが、これは象徴的な一例です。

糖質や、血糖を上げやすい食生活を改善すると、てきめんに効果が出やすい傾向があるのです。

あとは、実践あるのみですね♪

※※

Hymenaの遺伝子ダイエットでは、調べた遺伝子型を基にひとりひとりの生活に合ったかたちで、食生活はモチロン、運動法ボディケア方法をご提案しています。


Did you enjoy 遺伝子型別ダイエット対策 ~ADRB3~? Subscribe to RSS Feed.

Social Bookmarking
Add to: Digg Add to: Del.icio.us Add to: Technorati Add to: StumbleUpon Add to: Reddit Add to: Slashdot Add to: Netscape Add to: Furl Add to: Newsvine Add to: Yahoo

Do you have something to say? Say it below.