10月
30

ヒメナの遺伝子用語集

これで最後の用語集 や・ら・わ行 です。

なんだか、ずらずらっと書いてしまいました。 読みにくい・・・・所も多々ありますね(^_^;)。

内容については、これからもドンドン更新して読みやすくしていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。

あ・か行 は こちら です

さ・た行 は こちら です

な・は・ま行 は こちら です

※※

【や】

やせ(痩せ):

低体重の状態を言います。 肥満が生活習慣病のもとなら、反対の「痩せ」が健康に良いかといえば、実はそうではありません。

最近の若い女性に多く見受けられます。

健康的にスポーツなどを交えて体重管理ができているのならば、そんなに問題はないのですが、単に食事を抜くなどの無理なダイエットで低栄養状態が長く続いての「痩せ」だと、痩せているのに体脂肪率の高い「隠れ肥満」や、骨密度の低下、一部のホルモン(特に生殖系)は、体脂肪が適量あって調整されているため生理不順などなど、

免疫も弱くなる傾向があるため、風邪をひきやすかったり、体力が持たなかったり。

健康リスクが増えてしまいます。

適度な脂肪と適度な筋肉。 健康と美容の秘訣ですね。

参考:肥満

※※

※※

【よ】

洋なし型肥満:

皮下脂肪が多い肥満で、どちらかというと女性に多いです。

おしりやふとももにたっぷり脂肪がつくと、果物の「洋なし」のような体型になるのでこう呼ばれています。

UCP1の遺伝子変異を持つ方に、この洋ナシ型肥満になりやすい傾向があります。

皮下脂肪は内臓脂肪に比べて、生活習慣病に直結はしにくいのですが、なかなか落ちにくいので、ダイエットで困られる方が多くいらっしゃいます。

参考:リンゴ型肥満

※※

※※

【り】

リボソーム:

細胞小器官のひとつです。

だるま型をしていて、タンパク質とリボソームRNAから出来ていて、遺伝子の暗号の通りにタンパク質を合成していきます。

人間の設計図の暗号解読機のようなものです。

参考:DNA RNA

※※

リンゴ型肥満:

内臓脂肪の多い肥満で、どちらかというと男性に多いです。俗に言う「ビール腹」。

ADRB3の遺伝子変異を持つ方にこの肥満になりやすい傾向があります。

お腹が出ているのに、肉がつまめない。という感じだったら要注意!

内臓脂肪の多い肥満は、生活習慣病のリスクが高いので、早急な運動や日々の食事の改善が必要です。

参考:洋ナシ型肥満

※※

リンパ:

細胞は常に新陳代謝を行っていて、古い細胞や老廃物、外からの毒素などを細胞の外に出して、常にきれいな状態を保っています。俗に言う「デトックス」ですね。

要らなくなったものを体の外に出すのがリンパ管です。

血管と違って心臓のようなポンプは無いので、リンパの流れはとても緩やかです。 1時間に約120mlというスピードでゆっくり流れます。 リンパの流れを作っているのは周囲の筋肉なので、デスクワークなど同じ姿勢を長く続けるような生活では、リンパの流れが滞りがちです。

また、末梢のリンパ管はとても細い網目構造をしているので、加齢によっても目詰まりしやすくなってきます。

老廃物をしっかり排泄して、デトックスしたい!というときは、このリンパの流れをしっかり作れるように、軽いストレッチや筋肉を動かすように、歩くなどの運動をするようにしましょう。

参考:デトックス

※※

※※

【わ】

ワイルド型:

野生型。変異していない、もともとの遺伝子型そのままの状態です。

決して、野生的な人という意味ではありません。

参考:ホモ型・ヘテロ型・ミュータント


Did you enjoy ~肥満遺伝子用語集 や・ら・わ行~? Subscribe to RSS Feed.

Social Bookmarking
Add to: Digg Add to: Del.icio.us Add to: Technorati Add to: StumbleUpon Add to: Reddit Add to: Slashdot Add to: Netscape Add to: Furl Add to: Newsvine Add to: Yahoo

Do you have something to say? Say it below.