10月
27

遺伝子って、なんだか難しそう。

分からない言葉があっても、誰に質問したらいいのかわからない。

そんなときには、このページを開いてみてください。

報告書やHP、ヒメナの遺伝子ブログに出てくる「遺伝子」用語をまとめて書いておきます。

(注:ちょっぴり執筆担当の主観入りです。。。)

少しづつ書き加えて更新していきますので、お楽しみに。

ヒメナの遺伝子ダイエット用語集

※※

さ・た行 は こちら です

な・は・ま行 は こちら です

や・ら・わ行 は こちら です

※※

【あ】

アデニン:

アデニン(A) 核酸(DNA)を構成する塩基で、プリン塩基。

DNAではピリミジン塩基のチミン(T)に対応。

柔らかい卵色の甘いカラメルのかかった「プリン」とは関係ないようです。

※※

アドレナリン:

副腎髄質から分泌されるホルモン。

からだを活動的に動かすためのホルモンで、興奮や緊張などの刺激によって交感神経が刺激されると、副腎髄質に分泌するように命令がいく。男性はこれが分泌されやすい傾向にあり、体には適度のストレスを与える。気持ちも攻撃的になりがち。

※※

アドレナリン受容体:

アドレナリンの刺激を受け取るための器官。αとβに大別され、分布する場所によって

β1・・・・循環器(心臓)系

β2・・・・呼吸器系

β3・・・・脂肪組織の表面

と、分かれています。詳しくはこちらをご覧下さい。

※※

アミノ酸:

20種類のアミノ酸があり、アミノ酸の集合体がタンパク質になる。人間の体で作り出せないアミノ酸を「必須アミノ酸」という。

甘い味のするものや、旨み成分などなど、調味料になることも。

最近では、運動効果を高めるため、アミノ酸サプリが出ていたりする。

参考:必須アミノ酸

※※

RNA:

DNAに書かれた情報を伝達したり、タンパク質の合成をしたりします。

リボ核酸のこと。細胞質基質・リボソーム・核内の核小体などに分布しています。

※※

※※

【い】

遺伝子:

人間の遺伝子は22対+性染色体の2本を足して、合計46本。

半分づつお父さんとお母さんから受け継ぎます。

遺伝子は受精の瞬間に決まり、基本的に一生変わることはありません。

ここに、人間の設計図が全て書き込まれています。

細胞ひとつひとつに存在していて、細胞分裂して新しい細胞を作るたびに、正確に写しとられます。

※※

遺伝子突然変異:

基本的に、遺伝子は変わることがないのですが、細胞分裂を繰り返すうち、DNAを写しとって複製する際にミスが起こり、突然変異を起こす事があります。

欠失・重複・転座・逆位 などで、DNAから転写されるアミノ酸が変化してしまい、そこからできるタンパク質が変化してしまうもの。

あっては困る突然変異ですが、人間の進化はこの突然変異のおかげという説もあります。

※※

インスリン:

すい臓のランゲルハンス島β細胞から分泌されるホルモン。

食後に吸収された糖が血液中に多くなりすぎると分泌されて、余分な糖をグリコーゲンなどに変えて、細胞内に取り込み、血糖値を下げる働きを持っています。

糖尿病(2型)は、この「インスリン」が出にくくなって発症してしまいます。

甘いおやつやジュース、大盛りの食事などを続けていると、常にすい臓を酷使することになってしまい、そのため肥満や糖尿病リスクが高まります。

※※

※※

【か】

核(細胞):

核膜・・・・2重膜からできていて、遺伝子を包み込んでですが、遺伝情報を転写した メッセンジャーRNAが通り抜けるための穴が開いています。

染色質・・DNA(遺伝子)とタンパク質からなっていて、ふだんは核液のなかに散らばっています。細胞分裂するときに染色体に変化します。

核小体・・仁ともよばれて、核のなかに1個~数個ある。リボソームRNAを合成する。

核液・・・・核の中の液体

から構成される、細胞の遺伝に関する器官です

参考:染色体・DNA

※※

肩こり:

背中の「僧帽筋」が凝り固まって起こる筋肉痛。

同じ姿勢で何時間もデスクワークしたり、台所仕事したりするとなりやすい。

たまに姿勢を変えたり、ストレッチしたりして、血液とリンパを流してあげると、疲労物質が流されて痛みが緩和される。

※※

褐色脂肪細胞:

脂肪細胞は脂肪細胞でも、脂肪を溜めておくさいぼうではなく、脂肪を使って熱にしてしまうステキな細胞。

ミトコンドリアがたくさん居て、エネルギーをどんどん使っていきます。

食後、背中のあたりがじんわり熱くなるのは、この細胞が食事で摂ったエネルギーをばんばん熱に変えているしるしなのです。

もっとこの細胞が欲しいものですが、赤ちゃんのときで約100g~大人になるにつれてどんどんなくなってしまいます。

参考:白色脂肪細胞

※※

※※

【き】

基礎代謝:

1日、何もしないでお布団に横になっていた場合のエネルギー消費量。

何もしなくても使ってしまうエネルギーのこと。ダイエットのときには、この基礎代謝より食べるエネルギーを削ってしまうと、体は生命維持のために、筋肉までエネルギーに変えてしまうため、結局後でしっかり食事をしたときに リバウンド してしまう。

だいたい、標準体重くらいの女性で1日約1200kcal。

20代女性で、痩せている人ならば、1000kcalを切っている人も。

新陳代謝と混同しがちなので、ご注意。

※※

筋肉:

筋繊維が集まったもので、アクチンとミオシンというタンパク質でできた筋原繊維からできている。

横紋筋(骨格筋)・・・・骨格を支えている筋肉 即筋 遅筋 等で構成されていて、自分の意思で動かせる。収縮は早いけれど、疲れやすい。

横紋筋(心筋)・・・・・・心臓を動かしている筋肉 自分の意思では動かせない(意識しなくても常に動いている)。疲労しにくい。

平滑筋・・・・・・・・・・・・消化器の蠕動や血管の収縮をする筋肉。これも自分の意思では動かせない。疲労しにくい。

これらの筋肉で熱を作っているので、筋肉が少なくなるとそれだけ代謝が落ちていってしまいます。

運動などをして、筋肉に負荷をかけないと、筋肉はどんどん少なくなっていくので、毎日の運動は欠かさないようにしたいものです。

※※

※※

【け】

血糖:

食事で摂った糖質が消化されて、血液中に糖分として全身に運ばれている状態です。

食事や運動によってすぐに変動します。

糖の濃度が高くなりすぎると、浸透圧から細胞が壊れてしまうため、インスリン、グルカゴンなどのホルモンが分泌されて、常に一定になるように調節されています。 そのバランスが常に壊れた状態を 糖尿病 といいます。

空腹時の正常値は80~110mg/dl未満。

参考:インスリン・糖尿病

※※

ゲノム:

遺伝子全体のこと。通常はお父さん、お母さんから1対づつ受け継いで、2倍体。

その他3倍体、4倍体、なんていう生き物もいたりする。

遺伝子とか、染色体とか、ゲノムとか、同じものを指すようでいても違いがあり、使い方がちょっと難しいですネ。

※※

※※

【こ】

交感神経:

自律神経系。 人間を活動的な状態にもっていきます。 集中したり、すばやく動けるように、心臓をドキドキさせたり、体を温めたり、汗をかいたり。 ストレスで活性化されます。 これが活発に働きすぎると、「眠らなければならないのに眠くない」「気持ちが高ぶる」「攻撃的になる」などなどの傾向がでてきます。

参考:自律神経・副交感神経

※※

高血圧:

人間の細胞の中のミネラルは、主にカリウム。血液はナトリウム。で、浸透圧のバランスをとって体の60%を占める水の管理をしているのですが・・・

食塩を摂り過ぎたり、緊張・興奮が続くとミネラルのバランスが崩れたり、血液を送り出す心臓に負荷がかかりすぎて、血液の圧力が高くなりすぎた状態がずっと続いている状態を高血圧といいます。

血圧が高くなると、心臓に負担がかかったり、血管に常に負荷がかかっている状態なので、弱った血管が破る「心筋梗塞」「脳梗塞」のリスクが高くなります。

食生活や生活習慣が原因となって血圧を上げる場合があるので、「生活習慣病」といわれます。

※※

高脂血症:

血液中の中性脂肪や、LDL(悪玉)コレステロールが多くなりすぎている状態です。

(または、HDL(善玉)コレステロールが少ない状態)

悪玉コレステロールが血管の壁にへばりついて炎症をおこさせて血管をもろくしたり、臓器の働きを邪魔したりと、体内で悪さをしてしまいます。

日本人はもともと、脂っこいものをあまり食べずにきた民族なので、近年の欧米化した食生活で、油の多い食事が増え、体が処理しきれずに、高脂血症を発症したりします。

お魚や、野菜をたっぷり食べる食事をすると、リスクが軽減されます。

※※

※※


Did you enjoy ~肥満遺伝子用語集 あ・か行~? Subscribe to RSS Feed.

Social Bookmarking
Add to: Digg Add to: Del.icio.us Add to: Technorati Add to: StumbleUpon Add to: Reddit Add to: Slashdot Add to: Netscape Add to: Furl Add to: Newsvine Add to: Yahoo

3 Responses to “~肥満遺伝子用語集 あ・か行~”

  1. ヒメナの肥満遺伝子ブログ » ~肥満遺伝子用語集 や・ら・わ行~

    […] あ・か行 は こちら です […]

  2. ヒメナの肥満遺伝子ブログ » ~肥満遺伝子用語集 な・は・ま行~

    […] あ・か行 は こちら です […]

  3. ヒメナの肥満遺伝子ブログ » ~肥満遺伝子用語集 さ・た行~

    […] « ~肥満遺伝子用語集 あ・か行~ ~肥満遺伝子用語集 な・は・ま行~ » 10 […]

Do you have something to say? Say it below.