お花見に 簡単【長命寺 桜もち】

先日東京でも桜の開花宣言がありましたね、ここ2~3日は花冷えで寒いのですが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?

ヒメナ管理栄養士の土佐です☆

先日、ケアプロさん主催の交流会で、またお料理をたくさん作ってきました。

今回は春らしく『ちらし寿司』をメインにしたお料理です。

参加された皆様に季節を感じて頂こうと、『桜もち』も手作りしてきました。

和菓子を手作りってちょっと手が込んだ感じがするのですが・・・華やかでお花見にもぴったり、なのに実はとってもカンタンに出来てしまいます。

更におやつにしては低カロリーなので、このページでもレシピのご紹介をさせて頂きたいと思います(*^_^*) ♪

<材料 10個> (適量に直して作ってください)
・こしあん 250g ※本格的にするなら、あんこも手作りがお勧め!
・桜の葉 10枚
・小麦粉 40g
・白玉粉  30g
・水  120ml(+α 硬さをみながら流しやすい程度に)
・砂糖  20g
・食紅 もしくは紅麹粉 少々
・植物油(サラダ油) 少々

< 作り方>

1.小麦粉はふるいでふるっておきます

2.砂糖を水で溶かし て、小麦粉と白玉粉を入れて混ぜる。

3.食紅を慎重に薄いピンクになるように入れる

4.ラップをして、生地を30分程冷蔵庫で休ませておく

5.その間、桜の葉っぱは水気をふ いておく

6.あんこを20等分して、丸めておく

7.テフロン加工・フッソ加工のつるっとしたフライパンに
キッチンペーパーで油 を少しひいておく(極弱火)

8.大さじ1杯強位の生地をすくって、縦に流し、楕円形の丸を作る

9.表面が乾いて少し透明度が出 てきたら、指(もしくはフライ返し)で ひっくり返して、裏側も少し焼く

10.火が通ったら、皮をくっつかないように少し冷ます
11.皮の手前からあんこを巻いて、桜の葉で包む
葉の端っこを下に隠すようにすると、美しく出来上がります

クレープ状のもちであんこを包むのが、関東風の『長命寺』、道明寺粉であんこをつつむのが、関西風の『道明寺』といわれています。どちらも美味しくて、どちらを作ろうか迷ってしまいますね。